ナイキ ダンクのシューレース長さは?ハイ、ローで靴紐の長さを実際に測ってみた

 
 
ダンクのシューレースを変えたいんだけど何センチに変えればいいの?
 
 
おすすめもあれば教えて欲しい….

 

 

今回はこんな疑問を解決していきます。

 

カレッジカラーだったりコラボモデルであったり、ダンクはカラーの種類がたくさんあるスニーカー。

何もいじってない状態ももちろんかっこいいんですが、色合いの強いものだと飽きてしまうこともありますよね。

 

そんな時、お手軽に雰囲気を変えれるのが「靴紐(シューレース)の交換」

しかしシューレースを変えようにも、ダンクに合った長さのシューレースを買う必要があります。

 

ということで今回は、筆者の持つダンクロー・ハイを使って

  • 純正シューレースの長さ
  • 縛らずに垂らして履く場合に最適な長さ

上記2つについて解説していきます。

 

また、「シューレースは変えたいけどどれがいいか迷っている…」という人向けに、ダンクにぴったりなおすすめシューレースもご紹介します。

シューレース選びに迷っている方もぜひ参考にしてみてください!

 

  • ダンク LOW/HIGHに元からついている靴紐の長さ
  • ダンク LOW/HIGHに最適な状況別の靴紐長さ
  • ダンク LOW/HIGHにオススメの靴紐

それでは解説していきます。

 

ダンク ハイ、ローに元からついている靴紐長さは160と140

実際に計測したところ、ダンクハイのシューレース長さは約160cm。ダンクローのシューレース長さは約140cmでした。

上の写真が、それぞれダンクについていたシューレースの長さを実際に測った時の写真です。

ちなみにハイ・ローともにメンズの26cmサイズ。

 

どちらのモデルもシューレースホールの一番上から1つ下の穴に通して、結ぶのに余裕がある程度の長さです。

 

ちなみに各モデルの純正シューレースの長さ、シューレースホールの数をまとめると下記の表の通り。

モデルシューレースホールシューレース長さ(純正)
DUNK High
(ダンク ハイ)
8

160cm 前後

DUNK Low
(ダンク ロー)
7140cm 前後

ダンクのサイズによって多少の前後はしますが、基本的に上記の長さのシューレースが元からついています。

 

ただカラーを変えたい人や、丸紐に変えたいという人は純正と同じ長さを変えばOK。

しかし、縛らずに先端を垂らして履きたいという場合、純正の長さよりも短めに買う必要があります。

次の項目で解説します。

 

ダンク ハイ、ローで縛らずに履くシューレースの長さは140と120

モデルシューレース長さ
(緩めて垂らす場合)
DUNK High
(ダンク ハイ)

140cm 前後

DUNK Low
(ダンク ロー)
120cm 前後

「紐を縛らずに先端を垂らして」履きたい場合の最適なシューレースの長さは上記の表の通り。

あとは縮めたり緩めたりの調整をすればいい感じになります。

 

実際に足を入れた状態でシューレースの調整をした方が、履き心地も一度に合わせられるのでおすすめです。

 

以上がダンクのハイ・ローで緩めて履く場合に最適なシューレースの長さです。

ちなみにジョーダン1、エアフォースのシューレース長さについても別記事で解説してますので、興味のある方は下のリンクから飛べます。

 

次の項目では、ダンクにおすすめなシューレースをいくつかご紹介します。

 

ナイキ ダンクにオススメのシューレース

 

筆者の持ついくつかのダンクにも使ってておすすめなのが、下記シューレース。

  1. [Crep Protect]ラウンド/フラットシューレース
  2. [KicksWrap]Easy Shoelaces
  3. [KicksWrap]Vintage Shoelaces
  4. [KutsuGoods]オーバルシューレース
  5. HIROMARUjpペイズリー柄シューレース
それぞれ詳しく紹介します。

 

ダンクにおすすめのシューレース:Crep Protect ラウンド/フラットシューレース

あの防水スプレーで超有名なクレップですが実はシューレースもラインナップ。

このシューレースは他と違い、繊維に防水+防汚加工がされています。(さすがクレップ)

カラーが少ない点が惜しいんですが、種類がフラットとオーバルタイプで選べるので、探しているカラーが白か黒ならかなりおすすめ。

 

あと忘れちゃいけないのがシューレースの入れ物(試験管みたいなやつ)

これが絶妙に可愛いのでシューレースと同じくらいお気に入りですw

筆者はケースをIphoneの充電ケーブル入れとして持ち歩いてます。

created by Rinker
¥1,650(2024/04/17 07:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ちなみにクレップの防水スプレー性能も気になる方は下記記事で詳しく解説してます。
【CREP】クレップは最強の防水スプレー。使い方と気をつけるべきポイントを解説

ダンクにおすすめのシューレース:KicksWrap  Easy Shoelaces

このシューレースの特徴はなんと言っても素材がゴムということ。

ゴムのおかげで足に合わせて伸び縮みするため、履いていて圧迫感がないのが◎

 

しかも見た目がゴムっぽくなく、パッと見普通のシューレースです。

シューレース先端のチップも金属なので高級感がある点もGOOD。

KicksWrap Easy Shoelaces White 120cm(キックスラップ イージー シューレース 120cm)WHITE【メンズ シューレース】22HO-I

 

ダンクにおすすめのシューレース:KicksWrap  Vintage Shoelaces

ヴィンテージ加工が施されてるフラットタイプのシューレースです。

おすすめはカレッジカラーのダンクにこのヴィンテージシューレースの組み合わせ。

 

シューレースを変えるだけでオールド感が出て一気に渋い見た目になります。

レトロシリーズには間違いなくピッタリ。

KicksWrap Vintage Shoelaces

 

ダンクにおすすめのシューレース:KutsuGoods オーバルシューレース

SBダンクについている純正紐に近い9mm幅のオーバルシューレースです。

 

1番の特徴はカラーの豊富さ。

オーバルシューレースでスニーカーの色に合わせたい方はここのを選んでおけばOK。

 

ダンクがSBモデルじゃなくても、オーバルタイプにすると雰囲気も変わるので試してみるのもアリです。

created by Rinker
¥780(2024/04/17 10:55:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

ダンクにおすすめのシューレース: HIROMARUjp ペイズリー柄シューレース

ペイズリー柄になっているフラットタイプのシューレース。

カラーも豊富なので、単色じゃつまらないという方にはピッタリなシューレースです。

 

単体だと派手ですが、合わせてみると意外としっくりきます。

スニーカーに個性を出したい時に◎なシューレースです。

created by Rinker
¥970(2024/04/17 11:59:12時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ナイキ ダンクのシューレース長さは?ハイ、ローで靴紐の長さを実際に測ってみた:まとめ

今回はダンクハイ・ローのシューレースの長さについて解説してきました。

最後に内容をまとめます。

 

モデルシューレース長さ(純正)
DUNK High
(ダンク ハイ)

160cm 前後

DUNK Low
(ダンク ロー)
140cm 前後

上記表の数値が新品購入時のダンクについているシューレースの長さ。

「純正と全く同じ長さで色だけ変えたい」なんて方はこの長さでOKです。

 

そしてダンクで縛らずに履きたい場合の長さは下記の通り。

モデルシューレース長さ
(緩めて垂らす場合)
DUNK High
(ダンク ハイ)

140cm 前後

DUNK Low
(ダンク ロー)
120cm 前後

上記の長さであれば、靴紐を縛らずに先端を垂らす履き方に最適です。

ちなみにダンクローで人気なクロス縛りも120cmでOK。

 

 

最後にダンクにピッタリなおすすめシューレースをご紹介。

[Crep Protect]ラウンド/フラットシューレース
created by Rinker
¥1,650(2024/04/17 07:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)
[KicksWrap]Easy Shoelaces
KicksWrap Easy Shoelaces White 120cm(キックスラップ イージー シューレース 120cm)WHITE【メンズ シューレース】22HO-I
[KicksWrap]Vintage Shoelaces
KicksWrap Vintage Shoelaces
[KutsuGoods]オーバルシューレース
created by Rinker
¥780(2024/04/17 10:55:03時点 楽天市場調べ-詳細)
[HIROMARUjp]ペイズリー柄シューレース
created by Rinker
¥970(2024/04/17 11:59:12時点 楽天市場調べ-詳細)

 

どれもダンクにピッタリなシューレースなので、あなたの好みと相談しながら選んでみてください!

 

これで今回の記事については終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!